糖質制限を行う場合は絶対に医師との相談が必要

糖質は太りやすい食品として、ここ数年急激に注目され、巷では糖質制限ダイエットが流行しています。

 

しかし無理に糖質を制限すると動脈硬化を促進し、果ては脳卒中や心筋梗塞などの

恐ろしい病気を発症して死亡リスクが高まるという研究結果が出てるのです。

 

こういった現実を知らずにただ痩せるから、ダイエットに有効だからと言って

糖質制限を行うことは極めて危険な行為だと言えるでしょう。

 

 

また脳を働かせる直接の栄養素は糖質になりますので、

これを制限するということは仕事の能率を低下させたり日常生活に支障をきたす可能性があります。

 

確かに肥満や糖尿病の方には糖質制限は有効です。

しかしそれを行うかどうかは自分ひとりで決めず、必ず医師と相談の上で実行してください。

 

 

もしも糖質制限を行いたいのであれば夜だけ炭水化物食品を食べないとか、

いつもの量の半分にすると良いと思います。それだけで確実に効果は見込めますので。

 

ちなみにここでお話している糖質制限というのは、完全に糖質を含む食品を食べないということですから、

量を減らすとか夜だけ食べないといった工夫に関しては問題ないということです。

 

 

いずれにしても極端なダイエットは危険ですので、少しずつ生活習慣を変えて行くことをおすすめします。

 

 

あるいは千年酵素などの糖質分解サプリメントなどを使用するのも良いでしょう。

痩せる酵素ダイエットサプリの効果が有効なのことは様々なサイトで解説していますが、

まずはこのように安全な方法で行うことが賢明です。